オックスフォード・ブルックス大学 ニュース

開発学・国際関係学入門コース 日本事務局で開講のお知らせ ~修了証授与~

2011年1月28日、2月15日、6月3日
オックスフォード・ブルックス大学教授による3 日間の開発学・国際関係学入門コース開講
~Certificate(修了証)授与~

英国オックスフォード・ブルックス大学の日本事務局(beoビーイーオー)は、オックスフォード・ブルックス大学と共催し、2011年1月28日(金)、2月15日(火)、6月3日(金)の3日間、同大学教授による開発学・国際関係学の入門コースを東京/大阪にて開講します。

講義、ディスカッション、質疑応答は全て英語で行われ、全3日程参加された方には、オックスフォード・ブルックス大学よりCertificate(修了証)が授与されます。

■開講日:2011年1月28日(金)、2月15日(火)、6月3日(金)
■開催場所beo東京・大阪オフィス
■参加費:無料(完全予約制)
■主催:オックスフォード・ブルックス大学日本事務局(beoビーイーオー)
■参加資格:大学・大学院留学に興味のある方なら、どなたでもご参加いただけます
■その他:講義は現地大学とbeoオフィスを最先端技術ビデオコンファレンスシステムでつないで行われます。3回目は当初3月15日(火)に開催予定でしたが、震災の影響で中止になり、6月3日(金)開催となりました。
■申込:電話 (東京 03-5367-3315 大阪 06-6371-1116) または Web申込フォームより

■講師

2011年1月28日(金)
Professor David Sanderson, Director of CENDEP and Programme Leader Development and Emergency Practice

アフリカ、アジア、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、カリブを含む30カ国以上の開発と緊急実践が必要とされる国で、プロジェクト管理、コンサルティングを経験。都市の貧困や災害リスクの軽減を専門分野としており、英国国際開発省(DFID)やアメリカ合衆国国際開発庁(USAID)、世界銀行などのプロジェクトも任されています。
>プロフィール詳細(オックスフォード・ブルックス大学現地サイトへ)
このレクチャーは終了しました。
2011年2月15日(火)
Dr. Tina Managhan, Senior Lecturer in International Relations

アフリカ、アジア、ラテンアメリカ、批判的安全保障研究、フェミニストと国際関係理論、アイデンティティ政治の研究を専門にされています。
>プロフィール詳細(オックスフォード・ブルックス大学現地サイトへ)
このレクチャーは終了しました。
2011年6月3日(金) 19:30-20:30
Dr. Simon Glaze, Lecturer in Social and Political Change

アダム・スミスやウィリアム・ジェームズ、現代の国際政治経済学のデータベースや国際関係理論をもとに、政府機関による開発や同機関と経済思想/経済活動との関係を専門に研究されています。
>プロフィール詳細(オックスフォード・ブルックス大学現地サイトへ)
このレクチャーは終了しました。

■オックスフォード・ブルックス大学の開発学・国際開発学について
オックスフォード・ブルックス大学は教育の質の高さに定評があり、1996年以降連続で新制大学のトップにランクインしています。同大学の開発学・国際関係学コースは、国際機関やNGOといった政府間組織、非政府組織などのキャリアに関連性の高い内容となっています。