大学院留学

オックスフォード・ブルックス大学の大学院課程は、Taught ProgrammeとResearch Degree(MRes)に大別されます。Taught Programmeは講義のほかに、プロジェクトやプレゼンテーションを行い、小論文やレポートを提出する、授業スタイルを含みます。Taught Programmeには、MA、MSc、MBA、LLM、MEngなどの修士号取得のコースのほか、Postgraduate Diploma、Postgraduate Certificate、Graduate Diplomaコースがあり、大学院レベルの資格を取得することが可能です。

大学院で取得可能な学位
Postgraduate Diploma (PGDip)
1年間の講義形式のプログラムです。通常、修士論文の提出は必要ありません。
Postgraduate Certificate (PGCert)
ディプロマや修士号で要求されるような量の学習は必要ないけれども、特定の分野についてより深く学びたい学生に向いているプログラムです。
Graduate Diploma
学部課程とは異なる分野の専攻を希望する学生が、修士号課程に進む為の準備コースとなるものです。
Masters Degree (修士課程)
通常1年間(12ヶ月)で修了します。コース構成は大きく2つに分かれます。講義やセミナーなど、授業や教授からの指導を通じてのコースワークと、割り当てられた担当教授の監督のもとでの修士論文執筆です。入学条件は、関連分野での学位を有するもしくは、それに準ずる職歴を有していること。
MA/MSc=Master of Arts/ Master of Science
MPhill (研究博士課程)
通常2年間の、研究主体の修士課程です。この2年で修了することもできますが、その後、研究成果次第では博士課程へ移行することもできます。ほとんどの学生がこのルートで博士課程へ進学します。入学条件は関連分野で学士号を有することですが、できればTaught Mastersを修了しているほうが望ましいでしょう。出願時の研究計画書の内容によっても判断されます。
PhD (博士課程)
通常3年で修了します。出願に際しては、同分野で修士号を取得していることが条件になりますが、内容によっては職歴が修士号の代わりになることもあります。その場合はすでに研究論文などを出版したことがある、などそれまでの研究経験を証明することができなければなりません。