必要な英語力について

留学に必要な英語力は、コースにより異なります。IELTSなどの英語テストのスコア提出を求められる場合がほとんどで、『この英語試験のスコアさえ取れれば、英語の勉強はひとまずお休み・・・』と思う方も少なくありません。しかしながら、この英語スコアはあくまでも留学生の基礎的な英語力を見るためのものです。この英語力を基に、“アカデミック・スキル”と呼ばれる英語の力を持っているかどうかが、実りある留学生活を送るための、分岐点であるといっても過言ではないでしょう。英語試験対策と同時に、アカデミック・スキルをいかに磨いておけばよいのか、留学の準備の一つとして、忘れずにご準備ください。

日本事務局beo(ビーイーオー)が提供するアカデミック英語コース

ライティング
Writing
大学や大学院で求められる文章は、日常読み書きする英語とは異なります。英語論文の中で多く使われる単語を、アカデミック・ボキャブラリーと呼ばれ、これらの単語を効果的に使いながら、アカデミックな文体で論文執筆する際に必要なテクニックです。
リーディング
Reading
大学や大学院では、1度の授業にあたり、多くの文献を読んで授業に備えなければなりません。速読やスキャニングに加え、批判的に文献を読み解くのもリーディングのスキルの一つです。文章全体的の意味を効率よく理解し、論文執筆や授業での意見交換に役立つ知識を得るために必要です。
スピーキング
Speaking
大学・大学院に係わらず、英国教育機関では、授業の中でクラスメートと活発に意見交換することが重要視されています。講義の一環として、プレゼンテーションをする機会も多く、人前で英語を話すことはもちろん、理論立てて意見を述べることが求められます。
スピーキングは、日本人留学生が最も苦手とするスキルの一つです。

語学留学

コースタイトル 必要な英語力
大学英語コース
University English
IELTS 4.5以上 (各スキル4.0以上)

大学留学準備コース

コースタイトル 入学条件
大学留学準備コース
International Foundation Diploma
IELTS 5.0以上 (各スキル5.0以上)

イギリスのAレベル:EE
イギリスのASレベル:CCC
国際バカロレア:20ポイント
IGCSE:5 grade Cs/4s

大学留学準備コース
International Foundation Diploma (Extended pathway)
IELTS 4.5以上(各スキル4.0以上)

イギリスのAレベル:EE
イギリスのASレベル:CCC
国際バカロレア:20ポイント
IGCSE:5 grade Cs/4s

学部短期留学(スタディ・アブロード)プログラム

必要な英語力
IELTS 必要となる英語力は、プログラム開始時期や、受講する専攻科目により異なりまのでご注意ください。
学部短期留学コース詳細

大学学部留学

必要な英語力
IELTS 留学に必要となる英語力は、同分野であってもコース内容により異なる場合が多くありますので、出願コースで求められる英語力を、必ずご確認ください。
大学学部コース詳細

大学院留学

必要な英語力
IELTS 留学に必要となる英語力は、同分野であってもコース内容により異なる場合が多くありますので、出願コースで求められる英語力を、必ずご確認ください。
大学院留学コース詳細
GMAT オックスフォード・ブルックス大学のMBAコースでは、GMATのスコア提出は通常必要ありませんが、場合によりGMATスコア提出を求められる可能性があります
試験名称
IELTS ブリティッシュ・カウンシルが運営するテストです。
「読む」「聞く」「書く」「話す」の、英語の4技能を測ります。
アカデミック・モジュールとジェネラル・トレーニング・モジュールの2種類がありますが、大学・大学院への留学には、通常アカデミック・モジュールの試験スコアが必要です。
GMAT ビジネススクール(MBAやその他マネジメント関連コース)への入学希望者を対象におこなわれるテストです。
学生時代と職務経験を通じて身に付けた、基本的な言語能力、数理的能力と分析的ライティングスキルを測ります。
スコアレポートには、過去5年間の受験記録が表示されます。